読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎がカンムリワシ

天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓が分泌している解毒酵素そのものの生産活動を促進しているかもしれないという可能性が明らかになってきました。
スギの木の花粉が飛ぶ季節に、幼い子どもが発熱はみられないのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした水っ洟が止む気配をみせない時は、残念ながら杉花粉症の可能性があります。
おかあさんといっしょ 動画
毎日ゴロンと横向きになってテレビを眺めていたり、長時間頬杖をついたり、ハイヒールなどを日常的に履いたりというような習慣は身体のバランスを乱れさせる大きな原因になります。
スマホ使用時の細かなチラつきを低減させる効果のある専用眼鏡がことさら人気を博している理由は、疲れ目の低減にたくさんの方々が苦心しているからです。
我が国における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に従って進行されてきましたが、56年後の平成19年から結核以外の感染症と供に「感染症新法」という法律に従って行われることが決定しました。
内臓脂肪過多の肥満が診られ、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、高血圧、高血糖のうち2個以上に当てはまるような状態のことを、メタボリックシンドローム内臓脂肪症候群)と呼ぶのです。
トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる作用が一際認知されてはいますが、それ以外に肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりするというようなことが確認されています。
必要な栄養素を万遍なく含んだ食生活やスポーツは当然のことですが、全身の健康や美を目的として、目当ての栄養を補うために様々な成分のサプリメントを摂取する行為が普通になっているということです。
ハーバード大学医学部(HMS)の研究結果によれば、1日あたり2杯以上はカフェインレスコーヒーを飲用することで、あの直腸がんの発症率を半分以上は減らせたのだ。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を衰退させたり突然変異を招く悪影響を及ぼす物質を体の中で解毒し、肝臓のパワーを促す特徴が分かっているのです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常が原因で出る湿疹で、皮脂分泌の異常の素因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンB群の慢性的な不足などが大きいと言われています。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が横になっていても燃焼してしまうエネルギー量のことであり、大方を様々な筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3種類で消費しているということはまだ広くは知られていません。
体脂肪率(percent of body fat )」というのは、体内の脂肪の占有する比率のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量÷体重(weight、kg )×100」という計算式で確認できます。
バイキンやウィルスなどの病気を生む微生物(病原体)が呼吸とともに肺に潜り込んで罹患してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を起こした有様を「肺炎」と呼んでいるのです。
もし血液検査で現実問題として女性ホルモンの分泌量が少なくて早期閉経(premature menopause)だと判明したら、不足している分の女性ホルモンを足してあげる処置で緩和できます。